スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

VERY BAD THING

先のブログの続きとなる。

やはりプールは気持ちが良い。
泳ぎきった後の疲れが、何故か心地よい。
所謂、気持ちが良い疲れ、なのである。
よって、パチスロで何万も使って取り戻すまで(取り戻せない
場合がほとんど)何時間もかかる、あの疲れとは品が違う。


帰ってきて、ビールでつまみを流し込んでいた。
テレビを見ていたら、相変わらずの飲酒運転による事故の報。

やはり、今のような状況の中でも、自分の事として受け取れない人がいるみたいだ。

もう、本当に止めようぜ。
自分だけ罰を受けるだけならまだしも、被害者やその家族や知人、
それに加害者の家族や知人も傷つけることになる

自分1人だけの問題では決してないのだ。


飲酒運転は、本当に本当にあってはならない事だ。

スポンサーサイト

2006.09.12 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日々のブルース

全12球団制覇への路 PART 3

丁度1時間ほど前にプールから帰ってきた。
帰りにミニストップへ寄り、ビールとつまみと煙草、そして
恒例のビックリマンチョコを買った。
今日は1袋。

開封した。

横浜、三浦投手。

今まで合計で4袋買った。
まだダブっていない。
良かった。


それにしても35歳のこの俺。
こんな事をしてて、本当にいいのだろうか? 

2006.09.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | Bikkuriman choco

全12球団制覇への路 PART 2

今日は午前中まで仕事。
午後からは、自宅アパートの近くで研修会があり今帰宅した。
かなり早い帰宅である。

先日買ったビックリマンチョコ。
残り2つとなっていた。
開封したところ・・・・・。

中日、岩瀬投手。
楽天、磯部選手。

うん、まあまあだ。


とりあえず、このあとプールへと出掛ける。
帰りがけにミニストップがあるので、そこで数袋買うとするか。

本当に35歳にもなって、俺は何をやっているのだろう?

2006.09.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | Bikkuriman choco

全12球団制覇への路 PART 1

今、一部の間で話題騒然となっている、「ビックリマン プロ野球チョコ」。
チョコの中にシールが入っている例のプロ野球版である。
広島の前田と日ハムの小笠原は、個人的に本当に好きな選手なので、
早いうちに出したい。
1チーム2人づつ(投手と打者1人づつ)で全24種類。
完全制覇を目論んでいる。

とりあえず近くのファミマで3袋購入。
早速1袋目開封。

西武、松坂大輔投手。

記念すべき1袋目が松坂とは。
幸先が良い。
とりあえず、後の2個は明日にでも開けましょうかね。


でも35歳にもなって、俺は何をやっているのだろう・・・・・。

2006.09.10 | | Comments(1) | Trackback(0) | Bikkuriman choco

FREESTYLE

ここ最近の著しい体力の低下を危惧した僕は、
今日からプールに通う事にした。
約7年ぐらい前も、水泳はやっていたが、
その頃から、本格的にパチスロにのめり込んでしまったため、
だいぶん間を空けることになってしまった。

ほぼ毎日泳いでいた頃は、楽に1000Mぐらいは泳げていたが、
ここ数年の不摂生が響いたのか、100M泳いだらもう駄目だった。
後は、水中ウォーキングをしながら息を整えた。

でも久しぶりに泳いだら、本当に気持ちが良かった。
いつの間にかこういう気持ちを、忘れてしまっていた。
それぐらい、人間が腐りきっていたのだろう。


今からはどんどんクロールで泳いでいきたいと思う。

人生も、そうなる事を願っているのだが。

多分、そうはならないだろう。

それが哀しくて、面白い。
だが、やはり哀しい・・・・・。

2006.09.06 | | Comments(1) | Trackback(0) | 日々のブルース

Vanishing point 

今日の仕事の帰り、会社の取引先の社長さんから缶詰を頂いた。

「牛肉大和煮」

中に入っていた肉が本当に柔らかく、舌の中でとろけた。
酒の肴にはもってこいの逸品だった。
二缶もらったので、明日も食べよう。
今からのお楽しみだ。

9月入って、一段と朝夕が過ごしやすくなった。
特に夜は過ごしやすくなった。
夜の暇つぶしをまた、探さないといけない。


今日仕事途中に、会社の先輩がぽつりと言った。
「あの時に、この会社を辞めてれば・・・・・。」

色んな事があったのだろう。
本人に言わせれば、「あの時」が人生のターニング・ポイントだったらしい。
人間には、「あの時にこうしていれば・・・・・。」、と思うことがいくつもある。
そういう判断の遅れが、致命的な人生のロスになる。
俺も何度もそういう経験をしてきた。


この先輩の場合は、その人生の「ターニング・ポイント」がそのまま
人生の「ヴァニシング・ポイント」になってしまったみたいだ。


こういう風にはなりたくないものだ。

2006.09.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日々のブルース

雨のハイウェイ

金曜日の夜、会社の先輩と酒を呑んだ。
その人は、僕の住んでいるところから20キロぐらい離れていたところに住んでいる。
当然、クルマで呑みに行っていた僕は帰ることが出来ず、カプセルホテルで一夜を過ごした。
その時、カプセルの中に何故か変な入り方をしたため(酔っていたからだろうか?)
備え付けのテレビに思いっ切り後頭部をぶつけてしまった。
いまでも手で触ると痛い。
俺は何をやっているのだろうか?

そんなこんなで土曜日になり、いつもながらだらだら過ごし、そして今日の日曜日になった。


今朝のニュースで、今度は大分の県職員(女性)が酒気帯びで物損事故を起こし、
逃走後結局捕まっていた。


告白しよう。
数年前まで、結構俺も飲酒運転をしていた。
だがしかし、今考えると本当に恐ろしいことをしていたと思う。
今まで事故も無く、捕まらなかったのはただ単にラッキーだっただけだ。
いまこんな事故を起こせば、責任なんて取れるわけがない。
大したことが無い自分の人生を、さらに最悪の結末へと進むだけだ。
福岡市の職員の20そこらのあの男は、ルックスは結構いい男だった。
それが、例の法律が適用されれば、最高で20年の懲役に処されるという。
亡くなった3人のお子さん達は、写真で見る限りだが本当にかわいかった。
かわいそうで、残念だ。
それと同時に、刑がもし確定して20年の刑に処されれば、
この職員が今度刑務所から出てくるのは、40歳過ぎである。
つまり、一人の男として一番輝いているはずの時期を、刑務所の中で過ごさなければいけないのだ。
この職員の家族や親類、友人のことを思うと、この事にも心を痛める。


クルマを運転している以上、事故を起こす、または事故に遭うリスクは必ず付きまとう。
だが、飲酒運転だけは自分の意識の強さだけでいくらでも防げる。

「飲んだら乗るな。飲むなら乗るな。」というあまりにも有名なことばがある。
この前、タクシーに乗った時、後部座席の窓にこのような言葉が貼ってあった。

「飲んだらタクシー。飲むならタクシー。」


なるほど。


こういう事件や事故を目の当たりにするたび、僕の頭の中では、
ブルース・スプリングスティーンの「雨のハイウェイ」が鳴り止むことが無い。

2006.09.03 | | Comments(1) | Trackback(0) | 日々のブルース

«  | HOME |  »

プロフィール

masa

Author:masa
masa 1971年佐賀県に生まれる。地元の高校を卒業後、1年間ふらふらしながらも何とか福岡市内の大学に入学。卒業後、長崎市内の企業に就職するが何を思ったのかその4年後、福井県にある企業へ転職。またその3年後、よせば良いのに何故か海外のある国に放浪の旅へ。帰国後しばらく佐賀へ滞在し、以前勤めていた福井県の企業のご厚意により、職場復帰を果たして現在に至る。もうお分かりだろう。僕が単なるSTUPID GUYである事を・・・・・。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。