スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ひさびさの「パチスロ北斗の拳」

今日も仕事は定時に終わった。家に帰りすぐさま向かった先は、近所のパチンコ屋だった。やっと今日、このホールにも大都技研の「押忍!番長」が導入された。その様子見も兼ねて行ってみた。

やはり番長は満席。全10台の導入だが、箱を使っているのは1人のみ。やはり初日は辛いのか?狙うんだったら、この2日後だな、などと思いながら「吉宗」に着席。380回転 B4 R3で捨ててある台だ。565までは回そうと思ったが、530回転で高確を抜けそこであきらめた。その後しばらく台を眺めたが、良い台が無く仕方なくあまり好きではない「北斗」に座った。投資1万で10回チェリーを引くもすべて4チェ!どこにぶつけて良いのか分からない怒りがこみ上げてきたので、キレる前に帰宅する事にした。

やはり合う合わないの問題なのだろうか?自分で勝手に思っているのかもしれないが、やはり北斗は僕には合わないみたいだ。恐らくもう触れる事はないであろう。

今後パチスロ5号機が出てくるのだが、果たしてどういう風になるのであろうか?考えてみれば、パチスロの機種自体がここ数年で激変してしまった。たとえば大花火やシーマスターの4thリールで「おおー」と思っていたのが、今では液晶付が当たり前になってしまった。パチスロ機種の進化は本当に凄まじい。5号機はストック機能禁止とかいろいろな事が伝えられてはいるが、実際にやってないので今のところは不安と期待が一緒になっているのが実情だ。とりあえず待つしかない。

スポンサーサイト

2005.08.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | Slot

ORIGINAL LOVE 「ムーンストーン」

ORIGINAL LOVE 「ムーンストーン」


今日も仕事を定時に終わらせ、午後6時には自宅に着いていた。
夕食は冷やしうどんをビールで流し込んだ程度である。
食事を終え部屋のCDラックを見渡し、今宵聴くCDを選んでいた。
選択したのは、ORIGINAL LOVEの「ムーンストーン」だ。

僕は田島貴男が大好きだ。その音楽もさることながら、音楽に対する姿勢、特に新たな可能性を模索する姿勢は常日頃から頭が下がる。

この「ムーンストーン」という作品。この作品は、前作「ビッグクランチ」や前々作の「L」のような弾けまくったとは少し趣が違うし、これ以降にリリースされた作品とも違ういわば異質の作品である。
全体的に少し内省的なトーンに包まれている。象徴的なのが松本隆が詞を提供した「守護天使」である。聴いた人なら分かると思うが、一度聴いたらその世界観にぐっと引き込まれてしまうし、松本氏の詞も切ない。まさに優れたポップスのお手本みたいな曲である。
そしてアルバムの最後に収録されている表題作の「ムーンストーン」。
ORIGINAL LOVEのアルバムラストの曲には珠玉の名作が多いが、この曲はその頂点に立つ曲であろう。ごくシンプルな曲ではあるが、詞の内容には極めて強い意思がある。

音楽に対する深い造詣と、それを上回る才能と技術が無ければ、こういう風な作品は絶対に作れない。

これからも僕はずっとこの作品を聴いていきたいし、今からのORIGINAL LOVEを追いかけていきたいと思う。

2005.08.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | Music

僕と田中茂樹君

僕と田中茂樹君は、ほぼ同じ頃、ほぼ同じ場所で生まれ育ち、小・中・高と同じ学校へ通った。でも同じクラスになったのは高校に入ってからだった。
その頃の僕は(いまでもそうだが)、音楽に夢中だった。幸い親戚から結構高価なシステムコンポを安価で譲ってもらったこともあり、環境は整っていた。勉強は全くやらず、今は無くなってしまったが隔週発行のFM雑誌「FMfan」を熟読しエアチェックに日々勤しんでいた。
当初、田中君はあまり音楽に興味が無かったみたいだが、いっしょにつるんでいるうちに、音楽にどっぷりハマってしまった。高校を卒業する頃は、ラジオ、テレビ等で好きなアーティストの番組の情報を僕なんかより早くキャッチし教えてくれた。
その後、彼は大学入学後ますますのめり込み、ついには音楽ライターもどきの職にまで就いてしまった。

僕らが過ごした80年代後半は、評論家に言わせると暗黒の時代なのだそうだ。50年代にはエルヴィスがいた。60年代にはビートルズがいた。70年代にはツェッペリン、フロイド、ボウイなど革新的なロックがあった。90年代もグランジなどのスタイルが出てきた。だがしかし80年代には何も無いと・・・・・。
でも僕らが過ごした80年代後半は、それなりにいい曲もあったし、何よりU2やプリンスなどすごいアーティストがいっぱいいた。それらに僕らは夢中になった。

たまに高校時代のことがフラッシュバックする事がある。でもその時は、いつも頭の中で何かしらの音楽が鳴っている。その頃聴いていた曲たちだ。僕はその事を凄く嬉しく思っている。そしてその曲とともに思い出す映像の中のほとんどに田中君がいる。

高校時代の僕たちの事は田中君のブログに詳しく書いてあります。興味が在る方は田中君のブログを読んでください

田中君へ。仕事頑張ってください。僕はまだ女の人のケツばっかり追いかけてますから・・・・・。

2005.08.29 | | Comments(1) | Trackback(0) | Friends

はじめまして

はじめまして。福井に住んでいる30代の男です。今日からブログ始めました。友達がやってて、僕も触発されて始めました。これからどんな風に展開していくのか、自分でも楽しみです。ひとつどうぞよろしくお願い致します。

2005.08.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日々のブルース

«  | HOME |  »

プロフィール

masa

Author:masa
masa 1971年佐賀県に生まれる。地元の高校を卒業後、1年間ふらふらしながらも何とか福岡市内の大学に入学。卒業後、長崎市内の企業に就職するが何を思ったのかその4年後、福井県にある企業へ転職。またその3年後、よせば良いのに何故か海外のある国に放浪の旅へ。帰国後しばらく佐賀へ滞在し、以前勤めていた福井県の企業のご厚意により、職場復帰を果たして現在に至る。もうお分かりだろう。僕が単なるSTUPID GUYである事を・・・・・。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。